×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP > ACEFAとは


NPO ACEFA
理事長 加藤尚彦(前衆議院議員)
ACEFA
(ASIAN CHILDREN EDUCATION FUND ASSOCIATION)
NPO法人 アジア子供教育基金協会

 アジア子供教育基金協会は、アジアの恵まれない子どもたちに援助を差し伸べるために、1988年の実行委員会発足以来、チャリティーコンサート、親子写生大会等を開催してまいりました。
 子どもはいかなる環境にあろうとも、自由に生き生きと遊び学ぶ権利をもっています。しかし、さまざまな理由で十分な教育はおろか生命の危機にさらされた子どもたちが大勢います。
 子どもたちの幸せは世界の幸せです。当協会はまだ、ささやかで力不足ではありますが、アジアの子どもたちの教育に関する援助と健全な発展に今後も努力を積み重ねていく所存です。
 発足し、継続し、そしてその善意が大きな輪になって全国に広がることによって、より多くのアジアの子どもたちが生き生きと食べ、学び、学べる環境作りが推進されます。当協会の精神にご賛同いただき、ぜひ今回の「横浜 タイ・フェスティバル」に賛同、ご参加くださいますようお願い申し上げます。
 なお、「横浜 タイ・フェア2007」の収益は、タイ南部への救急車寄贈、スマトラ沖地震の孤児救済とインド・カルカッタ地震による津波で流出した学校建設資金使用させていただきます。

主な理事
Dr.クラッセ・チァナウオン(元タイ国外務大臣)
熊谷東裕樹(ソシエテ・ブルジョワ)
ヴィバウ・カント・ウバデアーエ(インドセンター代表理事)
グエン・トリ・ユン(元国連アジア担当職員)
旭鷲山 昇(元力士)
顧問 モントリー・スパボン陸軍大将(タイ国地域支援基金理事長)
 
過去の主な実績 (タイ関連のみ抜粋)

コーンケン県 ポーン商業大学向、多目的ホール(近隣諸国からの留学生宿泊施設含む)向け
建設資金(一部)寄贈 (2005)
深南部向け・中古救急車寄贈(1次) (2007)

現在、検討中の案件 (タイ関連のみ抜粋)
深南部 小学校改修案件
深南部 孤児院向け運営資金援助
山岳民族向け、簡易太陽発電装置供与案件
中古救急車供与案件(2次)

【会員募集】
ACEFAでは、協会の趣旨に賛同し、ともに活動してくださる方を常時募集しています。
・特別会員  年会費一口30,000円
・正会員    年会費個人 5,000円 /年会費法人20,000円
・子ども会員 年会費    1,000円

NPO 法人 アジア子供教育基金協会
神奈川県横浜市神奈川区二ッ谷町 10-1 二つ谷ビル2階
TEL : 045-321-1167 FAX : 045-321-0139
E-MAIL : kato@kato-naohiko.com
URL : http://kato-naohiko.com
 Copyright(c)2007 ACEFA All Rights Reserved.